紫根(シコン)

紫根(シコン)を石けんに使うと、綺麗な紫色になります。

紫根石鹸

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ『紫根(シコン)』。
ムラサキ科の植物の根を乾燥したものです。
紫の色素シコニンを含み、
昔は高貴な人の紫色の染料としても用いられました。

華岡青州が創案した
漢方薬の代表的な軟膏『紫雲膏(しうんこう)』の成分に
紫根は多く含まれています。
(紫雲膏はひびやあかぎれなどに効く医薬品です)

紫根を石鹸に取り入れると
紫の綺麗な石鹸が出来上がります。
化粧水などの手作りの材料にもご利用ください。


紫根石鹸の作り方

石けんに配合する場合は
下準備として、紫根の浸出油(インフューズドオイル)を用意します。


紫根の浸出油(インフューズドオイル)の作り方

紫根の浸出油

蓋付きのガラス容器に
オリーブオイルまたは、ごま油、マカダミアナッツオイルなど
(酸化しにくいオイル) を入れ、そこに紫根を入れておくと、
段々ときれいな赤紫色に変わります。

1~2週間ほど置き、
紫根をガーゼなどで濾して取り出してください。
常温24度くらいで抽出します。
(温度が低いと抽出がうまくいかないことが
ありますのでご注意ください。)

今回の場合は紫根の浸出油350g必要ですので
400gのオイルに紫根10gを浸けました。

紫根石鹸の作り方

【材料】
紫根のオリーブオイル浸出油・・・350g
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・50g

精製水・・・194g
苛性ソーダ・・・66g

【作り方】

1) 基本の作り方で、溶かしたオイルと苛性ソーダ水を作り、
  溶かしたオイルと合わせて石けんの生地を仕込んで型入れする。
2) 4週間熟成させて出来上がり。


苛性ソーダ水をゆっくりと
オイルに入れる時の色の変化が楽しいです。




綺麗な赤色から徐々にえんじ色になり
紫に向かっていくかと思ったら
青色に変わります。
その後型入れ時には灰色に、
型から出し、空気に触れると紫色に変わります。



紫根化粧水の作り方

紫根化粧水

300ccの水に紫根15gを入れます。
強火で沸騰させ、その後、約15分弱火で煮こみ出来上がりです。

茶漉しやガーゼなどで濾したものを冷まして、
化粧水として、コットンや手のひらに取りパッティングします。

出来上がった化粧水は、かならず密閉容器にうつし、
冷蔵庫などで低温保存します。
保存料が含まれないので早めに使います。

紫根を煎じる時はガラスやホーローの鍋もしくは土鍋を使用します。
鉄鍋や銅製の鍋は使用しないでください。


表示件数
並び順
商品数:3件
紫根5g×3セット
486円
(税込)
使いやすいパック入り。
ポイント5倍
紫根50g
1,252円
(税込)
ポイント5倍
紫根100g
2,160円
(税込)
ポイント5倍
商品数:3件
送料無料



新着や再入荷情報

エッセンシャルオイル

ハウスキーピング

アウトレット&セール
メール便でお届け

  • お得な新規会員登録
FAXでのご注文も受けております

レシピノート

レビューキャンペーン

スタッフ日記
スタッフのつぶやき
facebook
インスタグラム
メルマガの申し込み
お客様の声
暮らしのよみもの
こぐれひでこさんのくらしのたね

てころかほり手帖

kepoのくらしモノ

2018年7月
1 2

3

4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
は弊社休業日です。お問合せへのご返信は、翌営業日より順次対応いたします。



手作り石鹸
WEB SHOP 探検隊


手作り石鹸 ネットショップランキング

LINE@お友だち登録お願いします



スパイスボトル デュフューザー
晒しの巾着袋
手作り石鹸の材料、道具
ころころ♪ロールオンアロマ