夏のおすすめ素材てころセミナー

グリセリンソープ(MPソープ)


カセイソーダを使わずに石けんが作れる材料。
グリセリンソープ(MPソープ)。


合成界面活性剤やプロピレングリコールなど化学物質が
入っていないピュアなグリセリンソープです。


グリセリンソープ



はじめてさんにもオススメ!自分だけのオリジナル石けん


好きな分だけカットして、溶かして混ぜるだけ。
グリセリンソープを溶かして固める方法なら
簡単にかわいい石鹸を作ることができます。


MPソープ



レンジで簡単、かわいい手作り石けん。


エッセンシャルオイルで香りをつけたり、
ハーブやパウダーで模様や色を付けて楽しめる、
溶かして混ぜて固めるだけの石けんベースです。
簡単にお好みの形の石けんが作れます。
泡立ちが良く、さっぱりとした洗い心地です。


グリセリンソープ



電子レンジをつかって、作り方は簡単。


  1. 型入れしたいモールド(型)を決める。
    シリコンのモールドが出しやすくておすすめです。
    牛乳パックやプリンカップなどを利用してもよいですし、
    シリコン、プラスティック製であれば
    製菓用の型でも代用できます。

    いろいろな石けんの型


  2. そこに入るぐらいのグリセリンソープを
    電子レンジや湯せんで溶けやすいように
    小さく(約1~2cm四方ぐらい)刻みます。
    包丁やカッターで簡単にカットできます。
    温度湿度が高いとベトベトします。



  3. 耐熱計量カップなどの耐熱容器に入れて電子レンジに入れる。



  4. 約10秒から20秒ぐらいを目安に、様子をみながら溶かす。
    (長過ぎると泡立つので注意)

  5. 溶けたらすぐにレンジを止め、取り出す。



  6. ガラス棒や竹串などで混ぜながら、
    色付けのパウダー類やエッセンシャルオイルを
    お好みで入れます。




  7. モールド(型)に半分ぐらい入れる。



  8. ドライハーブを入れる場合は、このタイミングで入れる。
    ドライハーブを入れて竹串などで広げる。



  9. 残りのソープをモールドに入れる。



  10. 風通しのよいところで1~2時間、自然乾燥させる。

  11. 固まったら、モールド(型)から外して、
     2~3日風通しのよいところで乾燥させてください。
    出来上がってすぐに使えますが
    乾燥させたほうが長持ちします。



  12. 気温が高い時には、
    グリセリンが空気中の水分を集めて
    細かい泡粒が出来る場合があります。
    冷暗所にて、サランラップなどに巻いて保存してください。


グリセリンソープ・ピュア

このまま石鹸として使用することもできます。

成分:グリセリン、水、ココナッツオイル、パームオイル、
    サフラワーオイル、ソルビトール、オレイン酸グリセリル

※合成界面活性剤などは入っていないピュアなグリセリンソープ。 
 NO SLS(ラウリル硫酸ナトリウム) 
 NO SLES(ラウレス硫酸ナトリウム) 
 NO プロピレングリコール 
 NO パラベン 

※出来上がった石鹸を使用する際には、
 必ずパッチテストをしてからご使用下さい。

表示件数
並び順
商品数:2件
商品数:2件
送料無料



新着や再入荷情報

ハウスキーピング

アウトレット&セール
メール便でお届け

  • お得な新規会員登録
FAXでのご注文も受けております

レシピノート

レビューキャンペーン

スタッフ日記
スタッフのつぶやき
facebook
インスタグラム
メルマガの申し込み
お客様の声
暮らしのよみもの
こぐれひでこさんのくらしのたね

てころかほり手帖

kepoのくらしモノ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2018年9月
   

 

      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
は弊社休業日です。お問合せへのご返信は、翌営業日より順次対応いたします。



手作り石鹸
WEB SHOP 探検隊


手作り石鹸 ネットショップランキング

LINE@お友だち登録お願いします



スパイスボトル デュフューザー
晒しの巾着袋
手作り石鹸の材料、道具
ころころ♪ロールオンアロマ